[運用実績]2020年の運用実績ランキング

2020年の投資成績まとめです。
週毎の実績はこちらを参照。

年初からの運用実績グラフ

今年の年初からの運用実績は下記のとおりです。
運用している資産は案件ごとに異なりますが、比較しやすいように年初からの利益率をグラフにしています。

円、ドル建て案件の運用実績

円、ドル建てで運用している案件の実績です。

トラリピの過去の収支などは下記を参照して下さい

[トラリピ] 設定と運用実績(2020/2/2~2020/10/17)
トラリピの運用実績と設定の推移をまとめています。

BTC建て

BTC建てで運用している案件です。

BTCをガチホした場合と比較できるように、赤の点線でBTC自体の増減もグラフに載せています。

ランキング

2020年の利率ランキングは下記の通り

  1. PLUSQO AI Trader
  2. Crypto-ML
  3. QQQ(米国株)
  4. トラリピ
  5. 投資信託

PLUSQO AI Trader

6月から運用して4倍超になってます😊
ただこれはビットコインの値上がりが大半なので、PLUSQOのパフォーマンスと言えるかは微妙

同じ期間でビットコインが約3.3倍になったのに対し、PLUSQOで運用してるとBTCが約4.1倍なってます。
もともと積極的に運用するものではなく、ビットコインの値上がりに+αの運用益を求めてるものなのでこれで問題なし。

PLUSQO の口座開設はこちら

ビットコインガチホよりお得? PLUSQO の紹介と運用開始手順を画像付きで紹介
AI による自動売買でビットコインを増やせる PLUSQO AI Trader の紹介です。PLUSQO は自動売買によって BTC の枚数を増やすことを目的としています。このため、BTC 自体の価格が急騰する場合は、「PLUSQ...

Crypto-ML

こちらもビットコインの自動売買プログラム
ビットコインの高騰の影響を受けてええ感じの利益が出てます。

BTC建ての運用とUSD建ての運用がありそれぞれ下記のような実績

BTC建て376.21%
USD建て192.52%

BTC建てに関しては、後半に調子悪くなってビットコインをガチホした場合とあまり変わらん状態になってます。

Crypto-ML の口座開設はこちら

年率64%(2019年度実績)の仮想通貨自動売買サービス Crypto-ML を紹介
仮想通貨の持ち逃げの心配が少なく、高い年率(2018年は92%、2019年は64%)の実績がある自動売買サービスの Crypto-ML を紹介します。概要Crypto-MLは機械学習を使用した仮想通貨の自動売買で利益を得て...

QQQ(米国株)

1年通して安定して上がっている印象。コロナの下落も直ぐに回復しています。

何も考えずに買っている QQQ がトラリピとかトライオートETFよりパフォーマンスが上なのは、なんだか複雑…

トラリピ

一番資金を投入している案件です。
初年度にしてはまずまずの結果。
資金管理さえきちんと管理していれば不況時にも強いと思うので、主力として運用していきたいですね
来年は QQQ を超える位のパフォーマンスを期待

トラリピの口座開設はこちら

トラリピの口座開設から注文までを画像付きで説明
ここでは、トラリピの口座開設から注文までを画像付きで説明します。口座開設前の確認事項口座開設に必要な条件口座開設には下記の条件を満たしている必要があります。(条件は追加される可能性があり、記載されている条件を満たし...

投資信託

惰性で買っている投資信託もそれなりに増えてます。
なんだかんだでホールドしておくのが良さそう。
運用商品はこちら

トラリピ、PLUSQO、Crypto-MLの口座開設方法などは↓を参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました